本文へジャンプ

超高粘度モールドパウダー「PRIOS」

溶損低減連続鋳造の操業安定性や、鋼品質の向上の点で、モールドパウダーは大きな役割を担っています。

現在の連続鋳造においても、ブレークアウトや鋳片割れは少なからず発生する問題です。「PRIOS」は、そのような問題を解決する全く新しいタイプのモールドパウダーであり、従来よりも著しく粘度が高い特徴を有し、操業安定性、鋼品質の向上、製鋼コストの削減、環境への負荷低減に大きな効果をあげています。(特許出願済)

効果

1)パウダー消費量の低減

粘度が著しく高いので消費量の大幅な低減が可能

2)拘束性ブレークアウトの防止

フィルムが破断され難い特徴を有し、低消費量でも拘束性B.O.は発生しない

3)鋳片縦割れ低減

ガラス質フィルムにより強冷却となるが、均一流入による均一抜熱によって鋳片縦割れを抑制

4)浅く均一なオッシレーションマークを形成

横割れの低減に効果あり

5)パウダー性欠陥低減

高粘度、低消費量であるので保温性に優れ、介在物、ブローホールの低減に効果あり

6)ノズル溶損低減

高粘度、低フッ素組成であり、ノズル溶損が大幅に低減

特徴