本文へジャンプ

セメントキルン用クロムフリー煉瓦(ECOLOK:呼称ELK)

セメントロータリーキルンでは、最も高温となり使用条件の厳しい焼成帯に従来、耐熱性や耐食性などに 優れるマグネシアークロム質煉瓦(以後、マグクロ煉瓦)を使用してきた。

 しかしながら、マグクロ煉瓦は地球環境保全の観点から多くの問題を内包していることから、これに 代替可能なクロムフリー煉瓦が必要となっている。

セメントキルン用クロムフリー煉瓦『ECOLOK』は、従来のマグネシアースピネル質煉瓦(以後、スピネル煉瓦)を ベースに耐熱性、耐食性、コーチング付着性などが大幅に向上しており、マグクロ煉瓦に代替可能なクロムフリー煉瓦です。

品質表侵食性、耐熱サイクル性

特徴

1)高熱負荷条件下での,耐食性とコーティング安定付着性に優れる。

2)焼成帯を含め,セメントキルンの各ゾーンにおいて、マグネシア・クロム質れんがと同等以上の耐用が得られる。

3)全くクロムを含まないため、環境負荷の軽減が可能である。